資料の紹介

 企業がビジネスに俊敏性を持たせ、顧客満足度を高め、ビジネ?#25915;抓恁互工?#21177;率化を進めるにあたって、クラウドサービスの利用は有効な手段となりうる。しかし、多くのベンダーが独自の特徴を打ち出したクラウドサービスを提供している現在、ユーザー企業が自社に最適なサービスを選ぶのは容易ではない。

 操作方法の統一感など、ユーザー体験を重視するのであればオンプレミ?#25915;抓楗氓去榨┅`ムとの統合も必要になる。シ?#25915;匹?#31227;行の際には、既存の?#25915;毳互氓趣?#20351;用できるか、サードパーティ製アプリと接続できるか、といった要素も重要だ。もちろん、最近の高度化したサイバー攻撃に対する強固なセキュリティも不可欠になる。

 本資料では、大手クラウドベンダーのサービスを利用する企業6社が、どのような理由でそのクラウド選択したのかについて、導入の背景と狙い、および導入効果の観点から解説する。併せて、課題や用途といった簡単な要件から、同クラウドサービスの概算を見積もり、参考価格を提示するサービスやツールも紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品?サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品?サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。