資料の紹介

 規模の大小を問わず、サイバー攻撃の脅威は増加しており、企業や組織がウイルス対策を講じることは、今や常識となっている。にもかかわらず、被害が出てしまう。攻撃側のマルウエアは常に高度化しており、手口は巧妙なものに進化し続けているためだ。従来型のアンチウイル?#25915;漸榨趣?#20445;護ソリューションでは対応しきれなくなってきているのが現状だ。

 新たな脅威から守るには新たな保護ソリューションへの切り替えが不可欠だが、その選択肢はあまりにも多く、適切なものを選ぶことが難しくなってきている。正しい選択肢にたどり着くには、保護ソリューション導入までの道筋を理解し、より効果的かつパフォーマンスや生産性を維持できる、適切な切り替え計画を立てることが必要だ。

 本資料では、ウイルス対策やエンドポイント保護ソリューションの切り替えに必要な要素を網羅。導入時に検証、考慮が必要なポイン?#21462;ⅴ佶螗擴`の社内テ?#25915;取?#31532;三者機関のテ?#25915;趣頦嗓?#35211;るべきか、次?#26469;ⅴ螗隸Εぅ毳工?#20445;護できるエリアの理解を深めるといった導入の意思決定プロセスを簡潔化し解説。選択肢の一つとして次?#26469;?#20445;護ソリューションも紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品?サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品?サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。