免震?制振ダンパーの検査データ改ざん問題で、KYBの外部調査委員会は調査報告書をまとめた。「技術力や生産能力を超えた受注ありきの工場運営が成されていた?#24037;取?#22577;告書で断じた。なぜ不正は20年近くも続いたのか。

 「そもそもの技術面や生産能力面において問題のある製品であったと言わざるを得ない」

 KYBの外部調査委員会(委員長:難波孝一?元東京高等裁判所判事、森?濱田松本法律事務所客員弁護士)が2月4日付でまとめた報告書の一文だ。KYBの子会社であるカヤバシステムマシナリーが製造していた免震ダンパーのうち、主力製品の一部の型式についてそう評した〔写真1〕。

〔写真1〕技術力と生産能力の両面に問題
大阪府庁本館の免震レトロフィットに?#24037;銫欷駿湞嘯伐攻匹啷蕙伐圣戛`製「BDS型」ダンパー。BDS型の特定の型番には、検査データを改ざんしたうえで出荷されたものが9割以上もあった。納期に間に合わせるため、再調整工程を飛ばす必要があった。報告書では、「技術力的にあるいは生産能力的に大臣認定や顧客仕様を満た?#24037;長趣餞玀餞?#22256;難な製品がある?#24037;?#25351;摘した(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 免震?制振用のオイルダンパーは、組み上げた後に試験機に掛け、減衰力特性が所定の公差(許容される差)の範囲内かを確認?#24037;搿?#20181;様を満足?#24037;毪蓼?#20877;調整と試験を繰り返すルールだ。だが、ダンパーには設計上の問題があり、さらに製造現場は再調整?#24037;毪?#32013;期に間に合わない状態だった。不正は起こるべくして起こっていた、と報告書はKYBの企業体質を批判した〔写真2、図1〕。

〔写真2〕検査体制自体に不備
カヤバシステムマシナリーの工場にある試験機。報告書では、検査結果に利害がある製造部が性能検査を行う検査体制自体に不備があったと指摘した
[画像のクリックで拡大表示]
〔図1〕外部調査委員会が指摘した偽装の原因
[画像のクリックで拡大表示]
  • 規範意識の欠如
  • 真実と向き合わない風土
  • 受注ありきの工場運営
  • 検査の不備
  • 検査機の不正防?#24037;?#27424;如
  • 情報共有体制の不全
  • 重要業務の独占
  • 品質監査の不備
  • 事業化での見通しの甘さ

報告書では、量産品の性能がばらつくという不都合な真実に向き合わず、改善を怠ったままだったことが問題視された(資料:KYBの資料を基に日経アーキテクチュアが作成)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関?#24037;隖AQはこちら