(イラスト:高松 啓二)
[画像のクリックで拡大表示]

「念のために申し上げま?#24037;ⅳ長?#22303;地は『居住誘導区域』から外れています。将来、家を売りにくくなるかもしれません」

 「居住誘導区域?それって何で?#24037;¥餞長?#22806;れる?#21462;?#20309;か大きな問題があるので?#24037;?/p>

 「いいえ、決して大きな問題があるわけではありません。ただ、居住誘導区域から外れる?#21462;ⅴぅ螗榨槨?#26356;新や開発事業が制限される場合があるので、将来の資産価値に影響が出るかもしれません」

 筆者は中古住宅の購入を検討中の顧客の相談に乗った。購入後に住宅の建て替えを計画しているという。ただ、購入を検討していた土地が、居住誘導区域から外れていた。これは、重要事項説明の対象になり得ると考えて、念のために説明したのだ。

 しかし、顧客にとって「居住誘導区域?#24037;下劋?#24931;れない言葉だったようで、簡単な説明では理解してもらえなかった。そこで、背景を含めた詳しい解説を?#24037;毪長趣摔筏俊?#20197;下はその時の筆者の体験談だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関?#24037;隖AQはこちら