EV激戦時代に向けて、部品メーカーもEV向けの部品?要素技術の開発を加速させている。中でもとりわけ力が入っているのが、電動パワートレーンと運動制御の領域だ。電動パワートレーンでは一体化による小型?軽量?高効率?低コスト化を進め、運動制御の領域では車載電子基盤の構造の見直しに着手している。

 クルマが電気自動車(EV)になることで、大きく変わるのはパワートレーン。その電動化で大きな恩恵を受けるのが、運動制御だ。本記事では、その両者に絞ってEVの差異化に向けた部品メーカーの取り組みをみていく。

一体化進む電動アクスル

 「電動アクスルは一体化の方向に動いている」。今回の取材で多くの専門家から出てきた言葉だ。電動アクスルとは、モーターやインバーター(モーター駆動回路含む)、ギア?#22528;氓埂?#28187;速機と差動歯車装置(デフ)〕から成る電動駆動システム。ドイツ??#22528;氓伐澹˙osch)、同コンチネンタル(Continental)、同ZF、米?#22528;毳哎鐒`?#26045;`(BorgWarner)、アイシン?エィ?ダブリュ(アイシンAW)、日本電産、フランス?ヴァレオ(Valeo)などがその一体化に積極的だ(図1)。

図1 一体化進む電動アクスル(平行軸型)の例
モーター、ギア?#22528;氓埂ⅴぅ螗些`ターから成る電動アクスルでは一体化が大きな流れになりつつある。これらは、モーターの軸と車軸につなげる軸を平行にずらして配置した平行軸型の例。(写真?#31689;osch、Continental、ZF、Valeo Siemens eAutomotive、アイシンAW、日本電産)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関?#24037;隖AQはこちら