三菱自動車は新型SUV(多目的スポーツ車)のプラグインハイ?#33437;轔氓?#36554;(PHEV)コンセプ?#21462;窫ngelberg Tourer(エンゲルベルクツアラー)」を「ジュネー?#33437;猢`ターショー」(一般公開日:2019年3月7~17日)で公開した(リリース関連記事)。三菱自動車のブースに、ルノー新会長がサプライズ訪問し、三菱自CEOの益子氏と握手を交わす場面も見られた。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
SUVのPHEVコンセプ?#21462;窫ngelberg Tourer」。残念ながら製品化時期は未定。(撮影:日経 xTECH)

 「アウ?#21435;楗螗擴`PHEV」のツインモーター方式のPHEVシステムを踏襲しながら、「電気自動車(EV)に近い使い勝手を目指した」(同社EVパワー?#21435;颮`ン開発本部チーフパワー?#21435;颮`ンエキスパートの石井大六氏)。アウ?#21435;楗螗擴`PHEVのユーザーは、燃費や静音性の観点から「極力エンジンをかけずにEV走行したいと考えているため」(同氏)とする。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら